診療案内 (初めての方へ)

当院では胃カメラ検査や大腸カメラ検査を中心とした消化器内科専門外来を行っています。
胃や腸の症状でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

消化器内科

当院では食道や胃、十二指腸、大腸、小腸といった消化管を中心に肝臓、膵臓、胆嚢などの消化器の診療を専門としています。むかつきや胸やけ胃痛便秘下痢腹痛といった胃や腸の症状や肝臓や膵臓、胆嚢に異常を指摘された場合はご相談ください。
当院では最新の胃カメラ大腸カメラといった内視鏡検査設備を整えているほか、超音波検査やレントゲン検査も可能です。

詳しくはこちら

内視鏡検査
(胃カメラ・大腸カメラ)

胃カメラ検査

胃カメラ 胃カメラ検査とは、その名の通り食道、胃、十二指腸の状態をリアルタイムに直接観察します。胃の輪郭(凹凸)をみるだけのバリウム検査と異なり、より早期のがんなどの悪性病変を見つけることが可能です。悪性を疑う病変に対しては、その場で組織を採取することが可能で、顕微鏡による病理検査に提出できます(結果は1~2週間程度かかります)。
また当院では鎮静剤(麻酔)を使用しウトウトした状態で検査を行うことが可能です。苦痛の少ない検査をご希望の方はぜひ当院にご相談ください。
胃がんや食道がんは早期発見によって完治が期待できますので、いかにして早く見つけるかが勝負になってきます。そのために当院では、ズームといった拡大機能や、癌を見つけやすくする特殊な光を照射できる機能といった非常に高性能なカメラシステムを採用しています。豊富な経験をつんだ消化器内視鏡学会専門医が検査を担当しますので、最高水準の検査をうけることが可能です。

詳しくはこちら

大腸カメラ検査

大腸カメラ 大腸カメラは内視鏡を肛門から挿入し、大腸と小腸の一部を観察する検査です。カメラを通して大腸粘膜の状態をリアルタイムで観察します。大腸がんは大腸ポリープから徐々に癌化していく経路が知られており、ポリープの段階で切除しておくことが大切です。また、大腸がんは初期段階では自覚症状が少ないため、無症状であっても、大腸カメラ検査により積極的にポリープや早期がんを見つけにいくことが重要です。しかしながら、大腸は多数のヒダが存在し、カメラの死角になる部分が多いため、もれなく観察することはとても難しいです。実際にポリープの発見率に関しては施設や術者によって大きな差があります。当院では見逃しのすくない検査を行うためにAIを搭載し、画質の良い最新のカメラシステムを採用するとともに、丁寧で念入りな観察を行うことで最高水準の検査を実現しています。
また当院では、胃カメラ同様に鎮痛剤・鎮静剤を使用し、痛みが少なくウトウト眠ったような状態での検査も可能です。

詳しくはこちら

健康診断・検診

当院では定期健康診断や人間ドックは実施していません。当院でおこなっている検診は、「台東区の大腸がん検診のみ」です。(台東区の胃がん検診については今後実施予定)

詳しくはこちら

予防接種

当院ではインフルエンザ、肺炎球菌、帯状疱疹といった予防接種を実施しています。実施していない予防接種もありますので詳細はお問合せください。

診察の流れ

1受付

ご来院いただきましたら保険証をお出しください。
また、お薬手帳、健診結果、紹介状などをお持ちの方は、一緒にお出しください。

2待合

受付が終わりましたら、待合室でお待ちください。 初診の方は問診票の記入をお願いいたします。
※当院では、WEB上で予約すると、そのままWEB上で来院前に問診を回答できるシステムを使っています。待ち時間の短縮のためにも可能な方はご利用ください。

3診察・検査

順番になりましたら、案内にしたがい、診察室や検査室にお入りください。

4会計

診察が終わりましたら待合室でお待ちください。 お会計をしていただき終了となります。 薬の処方がある方には処方箋をお渡しします 。